1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
愛と死。
- 2008/12/17(Wed) -
最近考えること。

誰かや何かを愛するということは、相手との別れを覚悟することと並列でしか成り立たないんじゃないか。

「ずっと一緒にいるね」と恋人たちは言ったりするけれど、すべからく全員死んでいくんだから「ずっと」ということはあり得ない。

人生が有限であるからこそ、死ぬときから逆算して、今一緒に居られることの大切さを感じられる。

言い換えれば「一人で生きていく」という覚悟があるからこそ一緒に居てくれる人のかけがえのなさを分かり、相手を慈しむことが出来るのではないかと思う。


花もそう。

花への愛情というのは、そこにある花のあやうさというか不確かさというか儚さを感じるからこそ大きく感じる。

もちろん花を活けている時に毎秒その花の枯れ行く様を考えてはいないが、その存在があまりにうつろい易いからこそ「花を活ける」花を「活かす」という言葉をあてるんだと思う。



さて。
28歳になった。

今年はお世話になっている会社を辞めて、花の世界にいく。

来年の今頃どうしているのか全く分からないあたり激動だわ。

不安がある分どうしようもなくわくわくする。

締まっていこう。



[写真]
カーネーション@会社のエントランス

カーネーション
スポンサーサイト
この記事のURL | 華道 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<日本文化と年の暮れ。 | メイン | 最近の花事情。>>
コメント
-おめでとう-
学、誕生日おめでとう!素敵な一日となったかしら?
花に対する気持ち・・・本当に熱いね!!!
そういえば、いつからこんなにも花に目覚めたの?何かその瞬間ってあったの?また今度詳しく聞かせてね。
今から一年、変化の年になりそうだね。でもきっと来年もこうやって笑ってると思うよー♪
2008/12/17 09:34  | URL | ゆいこ #4jeLTJQM[ 編集] |  ▲ top

--
ハロー、お久しぶり。
去年の夏に江ノ島サンセットでご一緒だったケイです。
影ながら応援してます。
また落ち着いたら呑みましょう★

p.s.
人と人が永遠に分かり合えるということも難しいのかも知れない。
刹那的な状況でしか、併走することはできないのかもしれない。
人間は主観的な生き物だ。バラバラだ。
最近そんなことばかり考えています。
2008/12/25 17:57  | URL | kei #-[ 編集] |  ▲ top

->ゆいこ-
誕生日は幸せ丸かじりだったよ。
ありがと☆

>Keiさん

うわおー久しぶり。
どうもありがとう。
ちょっとコメントも気になるし、またDOも一緒に
呑みましょう。
ではでは。
2008/12/31 03:42  | URL | さるや。 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://saruya.blog8.fc2.com/tb.php/23-83f1782c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。