1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
川瀬敏郎さんと 花を活けるということ
- 2009/09/08(Tue) -
川瀬さん川瀬さん 人物画 の講座に参加させて頂いた。

あまりにインパクトの強い時間だったのでなかなか消化出来ず、文字にもできずにいた。


大げさに聴こえるかも知れないけれど、川瀬敏郎という一人の人の存在が奇跡みたいなものだと
思った。

考えてみて欲しいのだけど、一人の人が生まれてから死ぬまでに一つのことにかけられる時間は
限られている。

川瀬さんは京都で最も多様な花が集まる花屋に生まれ、それが世界で最も古い「花を活ける」文化を始めた寺の前で、それ以上ない環境の上に、細やかな感性と揺るがないやる気とを持ち続けて半世紀以上花を活け続けているなんて、「花を活ける」人の中でのロイヤルストレートフラッシュみたいなもの。


Hanakaiki-Kawase5.jpg




著書で「花以外のことで生きていくなんて考えたことがない」と仰っていたので、幼少期から学校教育の過程で学んだ全てのことを花になぞらえて自身に取り入れてきたんでしょう。(きっと)


著書での引用も日本書紀や古事記はもちろん、紫式部や松尾芭蕉や万葉集や中国の古典まで縦横無尽にもってくる。
ヨーロッパに留学していたからか西洋のことも聖書やギリシャ神話などを引かれる。


(↓の花はスミレとゼンマイを用いての<受胎告知>)

受胎告知 川瀬さん



そこまで花を活け続けた川瀬さんはもはや「形」(華道で習うもの)や「花を活けること」、「花を切ること」でさえ「そんなにしたいと思わない」と仰る。


「やり過ぎたからもういい」ってことではなくて、剣の達人が最終的に剣さえ必要なくなる、そういう境地にいるのではないか。


講座は90人ほどの生徒(上品なおば様方)が見守る中、前に骨董的花器を6個ほど並べて野草など山からの花を話しながら活けていく。

なんだかレベルが高すぎて仰る言葉の意味がよく分からなかったりした。

「本当に美しいものには透明感が出る。料理もそう。」

「人間はなんにでも意味を見出してしまうけど、本当に美しいものは意味を持たない。
 人も意味を持たない人にならないと。」

「負けのない花はよくない」

「1本の花を(山で)見出してくるにも日本の歴史が宿る」

などなど。。


全くもって理解できなかったものはメモさえ取れなかったのでこれでも想像的解釈をゆるす方。

なんだかレベルが高すぎて呆然とした時間になったのでした。



・・・そうそう、行った目的は「雇って下さい」ってことで履歴書と手紙を渡して、その上で訪問したりしたからだった。

川瀬さんの配慮で異例の「外部からの見学」を許して頂いた次第。

有難い。


結果は分からず、「今日はもういいから、また連絡します。」と言って頂いた。

まだどうなるか分からないけれど、動きがあればまた書こうと思う。


 ←お手数ですがクリックをお願いします。
スポンサーサイト
この記事のURL | 華道 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<青山テルマ、mihimaruGTのPV撮影に参加した。 | メイン | 世界一尊敬する人に会う>>
コメント
--
ぎゃーカッコいい!!!!
酒井抱一の屏風みたい。
2009/09/10 11:25  | URL | 金魚坂のリンゴ #aIcUnOeo[ 編集] |  ▲ top

--
さる、久し振りなり~

おっしゃっていた言葉の意味、解る気がします
私の身近なお方も、表現方法は違うけど
似たような感じのことを言っていました
細やかな時間の流れを漏れなく感じるから
年を取ることも、歴史が流れることも
めちゃ敏感で、その中にちゃんと自分の場所があるから
なかなか人は理解が出来ないのだ
自分が経験したことや今持っている考えを振り絞って
近付こうと思うけど、まだ遠いのですわ
感性が人何千倍以上、豊かってことですね

これからずっと優しく刺激され続けることでしょう!
2009/09/10 12:24  | URL | satoko #-[ 編集] |  ▲ top

->satoko-
コメントありがとう。

> 年を取ることも、歴史が流れることも
> めちゃ敏感で、その中にちゃんと自分の場所があるから

はー。。 そこに自分の場所があると、日々の修行の中で見出せているというところが肝ですねー。

自分の感性を研ぎ澄ませて、毛穴全開にしていらっしゃることでしょう。

やはり「その方」にお会いできるのが楽しみな次第であります。
2009/09/10 18:32  | URL | さるや #-[ 編集] |  ▲ top

->金魚坂のリンゴさん-
> ぎゃーカッコいい!!!!
でしょう? こんな花を活けられる人はそうそう居ないです。

> 酒井抱一の屏風みたい。
おーう サラっとそんな方の名前が出てくるところがさすがです。

最近実は更新されているブログを楽しみにしています。

2009/09/10 18:42  | URL | さるや #-[ 編集] |  ▲ top

-やとって!-
川瀬氏 私も尊敬しています

やとってくださるといいですよネ

尊敬できる方のそばにいるだけで 

同調してきて向上して行くような気がする

上手くいくよう祈っています(^人^)
2009/09/10 19:36  | URL | ごくらく鳥花 #NJsiWxd2[ 編集] |  ▲ top

-Re: やとって!-
おお、極楽さま。 
後押しありがとうございます。

可能性は低い気がしなくもないですが、積極的にいこうと思います。
2009/09/11 00:43  | URL | さるや #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/23 23:12  | | #[ 編集] |  ▲ top

-花人って素敵-
華道家じゃなくて花人っていうのはいいなとずっとあこがれだった川瀬さん。

私みたいに履歴書を送りたいって思っていたいともいたんですね。でもどこでどうしていかわからなくて・・・

就職かなうといいですねv-254

もっと川瀬さんのこととお花を知りたいですぅv-10
2009/10/05 19:03  | URL | 美香 #-[ 編集] |  ▲ top

->美香様-
コメントありがとうございます。

川瀬さんのこと僕ももっと知りたいです。

いかんせん情報が少ないですよね。

何か分かることがあれば書くかもしれないので遊びにきて下さい。
2009/10/16 20:25  | URL | saruya #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://saruya.blog8.fc2.com/tb.php/41-b3036ca4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。