1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本気の眼とフォンテーヌブロー城
- 2009/11/04(Wed) -
昨夜は華道家の中村俊月さんのお手伝いで六本木ヒルズのクリスマスツリー設置。

IMG_4113.jpg


2時半に帰り、履歴書と手紙を書く。

某トップフローリストが緊急で人を募集しているのを見つけ、それ用に。

明け方書き上げ、昼間持参した。

渡してこれればいいと思っていたが、担当者がいらしてそのまま面接。

色々聞かれ、

「(募集の文面は)ふざけているようだけど、本気ですよ。」

と言っている眼がゆるぎない本気を現していた。

有名な人に対して、自由に批判したりあれこれ言うのは簡単だけど、

傍であれこれ言うのと「自分たちがトレンドのトップを牽引してる自覚とともに働いている」という

ことの落差に驚き、震えた。


びびったのではなく、武者震い。

苛烈な働き方を覚悟しないといけない。

ま、受かるか分からないけれど。




?????????????????????????

歴史の舞台に出てくる王様や皇帝もやはり自分たちが歴史を作っているという強烈な自覚を持っていたのかしら。

フランスに居た際、パリから電車で40分ほどのフォンテーヌブローという町へ行った。

歴代の王様が狩に行った森があり、宿泊していた城が世界遺産。 

およそ700年、それぞれの王様が自分が好きなように改築していったので各時代の建築様式が一同に見れる稀有な建築。


中庭

IMG_3921.jpg


ヴェルサイユ宮殿と同じ庭園師がデザインした庭

IMG_3829.jpg


大運河

IMG_3834.jpg


入り口のひとつ。 ナポレオン一世がエルバ島に追放された時、ここから出て行った。

IMG_3823.jpg


中に入り、部屋の1つ。

IMG_3849.jpg


フランスで初めてルネッサンス様式で作られた回廊

IMG_3857.jpg


舞踏室

IMG_3864.jpg


聖堂

IMG_3913.jpg



フランスに行く機会があればどうぞ。


ちなみにフォンテーヌブローの宿でゴロゴロしながら読んでいた本は魯山人であったことは言うまでもありません。

この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
蕨の花屋さん
- 2009/04/01(Wed) -


珍しく朝早くから活動していてあまりにも気分がいいのでブログも更新しちゃう。


季節が変わり、担当の変更があるので(猿谷は今まだ会社員)お客さんの本部がある埼玉県 蕨に引継ぎで行った。

お客さんの本部の近くにスーパーがあって、外にある花屋のおばちゃんと大変仲良くしてきた。
いかんせん郊外で花が安いということもあり、蕨で商談がある度に花を買って会社で活けてきた。
そしてまたおばちゃんが親切で、花の種をくれたりおまけで花をくれたり、色んなものをくれる。

一番面白かったのは「池坊トランプ」笑
こんなの。

池坊トランプ縮小



52種類の生け花が写真で載っていて猿谷には萌え商品。
おばちゃんありがとー^^


もう来なくなる旨を伝えるとチューリップをくれたので早速会社で活けたのでした。

フィッツも残り3ヶ月。 
しっかり貢献して立ち去ろう。




チューリップ縮小
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「あかん、ほんまドキドキする」と言うこと。
- 2008/11/08(Sat) -
止まない雨は無いように、晴れつづける晴天もありえない。


周囲を明るくする、闊達奔放に振舞っている人もとんでもない経験をしていたりするよね。


悲しみを超えた分だけ強くなるのだろうか。


**********


花屋に行って、ハッと美しい花にどきどきしたりする。


それを伝えたくて、花を活けてる。


花を活けるという行為は花瓶に花を挿すだけではなくて、その花元来の可憐さ・したたかさ・艶やかさ、といった美しさを最大限に引き出す行為である。


華道をして生きていくということは、その現場に一度でも多く立ち会いたいということ。



今日日経MJをまとめ読みして、そこから調べたりしてドキドキするものに会ったので記しておく。


【1】 「金沢の21世紀美術館」をネットで調べて出会った画像  
 
金沢のどこかにあるらしい。


金沢のどこか ,

花屋もいつかやろうと思っていることのひとつなんだけど、「普通じゃない」花屋にしたい。

花の色調をそろえるとかね。


この画像は、写真の技術に依るところがあるだろうけどドキドキしたので。



【2】「09年春夏パリコレクション」



1930年代にココシャネルがデザインしたジプシールックのラッフルドレスを再現。


09年春夏シャネル




かっこ良い!!!!!!!

ってか美しい・・・


言葉を失って固まってしまった。


この色使い。この質感。 そりゃ世界一のプレタポルテにもなるわ。


***************************


世界は俺やみんなが想像できるよりも遥かに広く深く、想像を超えた景色というのがある。

先日会社の先輩の弟が、世界旅行に出るというのでその前に一度会って欲しいとご依頼を受けて会食した。


俺は45カ国に行ったことがあるので。


1ヵ月以上たち、どうしているかと思ったら明日旅立つという連絡があった。


うおう 心底羨ましい。


こんな言葉を送った。


「大自然の雄大さと人類の歴史の偉大さを思い知ることになるでしょう。

 自分が生きて社会に対して仕事できる時間なんて30年ちょいしかない。

 その本当にささやかな時間で何を訴えたいのか、何を貢献したいのか、
 考える機会になればいい。

 テーマは広く持って、こころを素直に、かつ強く歩んでくることを願う。」



どうか彼の道中が無事で、素晴らしい出会いに恵まれますように!!!


Bon Voyage!!!!


北米のどこか.
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一期一会の僥倖
- 2008/10/31(Fri) -
一昨日の火曜日、ドラッグストアの新店の立ち上げで茨城に出張。

天気も良いし、それはそれはのどかな畑が広がって、魂抜け出るかと思うほどの平和。


仕事を終わらせたらそのまま麻布十番の友達の展示会に花を活けに行こうと思っていた。

花を仕入れる場所がポイントなので、茨城の現場で昼に出たときもキョロキョロして、花材に使えそうな枝やら花やらを探していた。

そしたらあったあった。

イメージに近い直線的な葉っぱ

版画を素材にした生地で出来た洋服なので、直線的な感じかなぁと。

シュロの樹。


こんなやつ。



シュロの樹



むふふとほくそえみ、仕事が終わってから枝を切りに行く。

幸いにも家の方がいらしたのでお願いして2?3本切る。

ラッキー

まーしかし広げると横幅が人間の胴体二人分くらいあるから特急に乗って山手線に乗って地下鉄乗って大変でしたわ。

坊主がサングラスかけてこんな枝3本も持って乗っていると、ちょっと車内でそこだけ空間が空く。笑


シュロを手に駅にて。






活けこんで、枝も花も余ったので会社にお持ち帰り。

会社にある花瓶に対してでかいし、そのままだと面白くないから切ってみた。


ちょきちょきちょき。


はい。

見たこと無いような生け花できあがりー



IMG_0731_convert_20081031021048.jpg


シュロの木の枝、白い菊、孔雀草。


ちょっと信じられんくらいみなさんに大好評頂きましたとさ


この記事のURL | 未分類 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
【告知】世界ブランドとコラボレーション10/29?
- 2008/10/24(Fri) -
告知をば。

俺の同年代の友人で世界に羽ばたいている人。
川野季春さん。

彼女は小学校の時の同級生とアパレルブランドを立ち上げていて、2年以上。

オーダーメイドのドレスを作ることから、全国展開している美容室のヘアショーの衣装や、各種ファッションショーで優勝したり破天荒な勢いで活動を広げている。

9月にもN.Yでファッションウィークがあった際に、H.PフランスNY店で展示会をした。
今回は版画家の竹之内直記氏とコラボして、版画を生地に落としてそれでドレスを作成。

イメージが湧かなかったけど、出来上がりはメチャクチャかっこ良い

quantize in NY

quantize PV壁

quantize PV壁2




コンセプトは『静』と『動』の融合。
『アート』と『ファッション』の融合。
NYの『直線的』なイメージと、ドレスの『曲線的』なイメージの融合。

面白いのが、ストリートでショーをしてモデルに街を歩かせるつもりだったらしいんだけど、当日があいにくの雨。
スタジオでしたって面白くないってことで急遽地下鉄でファッションショーを決行。

当然ポリスに見つかったら留置所に送られたわけだけど、見つからずにやりおおせたそうで。
そのときの写真
http://picasaweb.google.com/totekabotan/Kaz#

取材も
○日経新聞 2008/09
○繊研新聞 2008/09/20
○Fスケッチ 2008/10/01
○週刊NY生活 2008/10/11
あとWWDとELLE GIRLとテレビ番組にも取材されたとか。
さらにドバイコレクションにも招待されたって。  そこまでくると笑えるね。


そんな彼女達が同内容で麻布十番で展示会をする。

そこで花を活けさせてもらえる。
それだけで大興奮なんだけど、さらに彼女のお父さんが新国立美術館に展示されるくらいの陶芸家で、そのお父さんが作った花器に花を活けさせてもらう。

!!!

鼻血が出そう。

まぁ俺の拙い花はいいんだけど、洋服は本当にかっこ良いから時間に都合がつけば見に来て下さい。
N.Yで撮影したPVも流すんじゃないかな。


東京/麻布展示会
   @Azabujuban Gallery
   東京都港区 麻布十番 1-7-2-102
   ‘08. 10. 29.(WED)?11. 03.(MON)


11月1日は俺も行けるかも。仕事が入るかも知れないので、来れそうなら連絡を下さい。


明日は朝1の便で福岡に行って来ます。

それでは。

この記事のURL | 未分類 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。